女性の転職活動5つの手順

 女性らしい転職活動とは、どのようなものでしょうか。時には男性らしさも求められ、なかなか思うように転職活動が進まないかもしれません。そんな時こそ勝負どころ。もう一度、女性らしい転職活動を考え直しチャンレジしてみましょう。もちろんこれから転職を本格的に始めようと思っている人も参考にしてみてください。

 

 

転職準備について

 将来のことを考えなければなりません。女性は結婚や出産によって環境がだいぶ変わってきます。転職する時にはそうしたことも頭に入れ、ただキャリアを振り返るだけではなく、先のキャリアのことも含めて考えておきましょう。企業や業界の調査や計画作成時にも、このことを考慮しておいてください。

 

 

【参考記事】

 

 

 

求人情報について

 

 各企業の、女性に対しての待遇や考え方、こうした部分に目を向けた方がいいかもしれません。それを全面に押し出している企業も増えてきましたが、女性のみではなく男性も働く企業への転職を目指す場合には、特に気にしておきたい部分となります。企業情報も含めて求人情報である、という捉え方をしておきましょう。

 

【参考記事】

 

 

 

 

履歴書や職務経歴書について

 

 履歴書や職務経歴書では、「女性」という部分を強く意識したり、主張することは避けた方がいいでしょう。女性特有の職業であれば別ですが、そうでない場合には働くことの覚悟や強い意志を示した方が採用されやすいと思います。将来性があることもキッチリと明記しておきましょう。

 

 

【参考記事】

 

 

 

面接対策について

 

 面接ではオシャレを気にしてはいけません。化粧も控え目にしておきましょう。堂々とした姿を見せることで、意志を示すことができます。しかし、こうした態度は企業の特色も捉えた上で調整すること。キャリアへの意欲と、それが会社に貢献することを示せれば、面接の出来は相当良いものとなるはずです。

 

 

【参考記事】

 

 

 

退職・入社準備について

 

 女性は時に退職理由を必要以上に突っ込まれることがあります。無難で、且つ突っ込まれ過ぎない理由を考えておき、退職時に面倒なことにならないようにしておきたいところ。業務やその役職の後継者も女性の場合には、新たな採用や引き継ぎなどに時間がかかるケースがあります。それも考えた上で退職計画を作り、入社に影響しないようにしておきましょう。

 

 

【参考記事】