残業や休日出勤について、許容範囲はどれくらいですか?

残業や休日出勤について、許容範囲はどれくらいですか?

回答例1

 仕事内容によると考えています。繁忙期であれば3時間を超える残業も当然と思いますし、休日でないとクライアントと商談できない、など、
休日対応以外の選択肢はない。という状況であれば、残業も休日出勤も厭いません。

 

 しかし、生産性の無い残業や休日出勤は好みません。だらだらやって長く会社にいることは、仕事に対するモチベーションが下がりますし、
何よりもオフィスの水道光熱費のムダです。生活リズムを正しくするためにも、生産性のある仕事を心掛けています。

 

 多少の会社要因はあれど、過度な業務量でない限り、残業自体本人の能力次第と考えています。自身のスキルで仕事量をコントロールできてこそ、一人前のビジネスマンであると私は考えています。

29歳女性 IT業界志望

 

回答例2

 私は現在25歳独身です。結婚の予定もありませんし、まだまだ仕事で成長したいと考えていますし、結婚しても仕事を続けたいと考えています。残業や休日出勤は積極的に対応します。

 

 今までも、仕事の積み残しは一切しないように仕事を終えてきました。時には夜中まで仕事が掛かったこともありました。誰よりも体力には自信がありますから、翌日の仕事にも影響はありませんでした。

 

 心と体のバランスを取る事もしっかりしています。メリハリをつけて忙しく、仕事が続くときは集中して仕事をして、休日はしっかり休養を取るようにしています。ウインドウショッピングや友人とランチしたりしてストレスは溜めません。よって、体力の続き限り残業や休日出勤は対応できます。

25歳女性 教育業界志望