転職活動のきっかけと何をしたか│20代女の体験談

28歳女性
営業
営業事務
無し

 

 

 元々業績は悪く、給料が遅延しないという程度の売上げだったのですが、サービス残業は当たり前、手当てなどはまったくなく、ボーナスも支給なしと言う情況で、社長の息子が入ってきて、ほぼ業務内容を理解していないのに、仕切り始めてこれは駄目だと転職を決意しました。

 

 余談ですが、その後その会社は潰れています。

 

 

 

 会社を辞めてから求職活動ではなく、日頃の空いている時間を活かして色々仕事情報を探すようにしました。

 

 インターネットでの登録・平日の遅くまであいている時間のハローワーク利用、求人情報を土日にチェックなどです

 

 

 

 専門技術は必要ないのですが、すごく細かい品種が色々とある卸業者を経験していたので、なるべく同じ業界で、「こういった商品の知識があります」とPRし、即戦力になれるとアピールをしました。

 

 また同じ業界ですと、関連会社の良い情報や悪い情報というのも、解りやすかったです。

 

 振込みが遅れがちな会社は、給与が危なそうだとか、この会社は遅くまで倉庫を開けている=就業時間がこの会社は長いだとか、求人情報には載らない実態を判断できるのは、助かりました。

 

 

 

 半年ほどは、退職をしようかどうしようか悩んでいたのですが、その期間も悩みながら、求人情報をチェックしたり、ハローワークに登録することなどはしておりました。

 

 おかげで、仕事をやめてすぐ次の仕事に移れました。

 

 転職活動そのものは長期間ですが、仕事と併行しながら行なっていたので、「転職活動のみ」の期間はありません。