転職するときに役立つ資格とは? 


 職種にもよりますが、転職するためにすぐに役立つ資格ならば、TOEICスコアになります。これば、楽天やユニクロが社内公用語を英語にすることからもわかるように、グローバル化に対応するためには語学の点数が高い方が望ましいからです。

 

 しかし、資格を取得しても就職するために必要な資格は、士業といわれる医師や看護師を始め、弁護士、公認会計士、税理士、弁理士など業務を行う上で資格が必要になるものだけです。

 

 実際の転職に役立つ資格は、業務内容に沿った役立つものを転職するしないにかかわらず、長期的な視点で取得する方が良いのです。それは、時間と労力とお金を使って資格取得しても、実務上使用しなければその資格は無意味になってしまうからです。

 

 企業が求める資格は、業界によってもかなり異なりますが、外資系企業や商社に転職するならば語学TOEIC800点は必須ですし、事務職ならば、TOEICやパソコン検定だけではなく部署によっては、簿記や経理関連、キャリアカウンセラーや安全衛生士などの資格が役立ちます。

 

 また、ファイナンシャル・プランナーは、金融関連の業務であれば最低限必要資格ですが、それだけでは強みにならない資格です。しかし、資格は転職するためには武器にはなりづらく、未経験分野の資格取得努力をしたというアピールポイントにはなります。資格取得することで、これまでと異なる業界にいきなり転職することは不可能に近いのですが、年収アップなどには加味される可能性はあります。