女性の転職をとりまく環境とは

女性の転職市場の状況はどうなのですか

 

 一般的に転職市場では、20代後半の人材のニーズが非常に高くなります。しかし、30歳以上となると、どの会社でも何らかのマネジメントスキルを求めるようになります。そのため、年齢が上がるとともに採用基準が高くなります。

 

 では、女性が転職する場合、気を付けるべきことにはどんなことがあるのでしょうか。日系企業では、女性を面接する場合には聞きづらい質問することがあります。特に、結婚に関することは、今後の組織構成にも影響があるため確認する意味で質問します。この質問には、入社後の結婚予定や出産予定について、その後の働き方などがあります。

 

 多くの日本の企業では、時短で働くことは難しく、またフレックス制度を導入しているところも少ないようです。そのため結婚や出産する、家庭と仕事、子育を一人でこなすには体力的に厳しいこともあり、退職する女性が多いのが日本社会の現状です。そのため企業は女性の採用には、非常に慎重になります。そのため、一般職や事務職の採用を、20代を中心に採用するケースが多くなります。また、近年では経費削減も兼ねて、この職種は派遣社員やアウトソーシングに切り替える企業が多くなります。

 

 女性の転職を取り巻く環境は、厳しいといえます。そのため転職する年齢は非常に大切になります。たとえば、国家資格を始め、自分にしかできない職種であれば、いくらでも転職は可能です。しかし、そうでないならば、せめてITスキルや、語学力、オペレーショナルスキルなど何かひとつ、自分の売りとなるものを武器として持っておく必要があります。