転職による入社後、より良い人間関係を築くための注意点とは

口と表情は柔らかめに

 会社で働くにあたって非常に重要なこと、人間関係。転職をすると新たに見ず知らずの人たちに囲まれて働くことになるわけです。そうなれば当然、人間関係を一から構築しなければならなくなります。
 入社後は注意しないと、この人間関係の崩れから、再び転職を迫られるなんてことにもなりかねません。

 

 表情は非常に重要。常に柔らかい表情でいることを心がけてください。口は災いの元なんて言葉もありますが、これも常に物腰柔らかでいることが求められます。

 

 ふとした時に本音が出てしまったり、あるいは人と接していない時は眉間にシワを寄せるような表情になってしまう人は要注意。入社後そうした姿を見せれば、きっとあなたは他の人から距離を置かれたまま。

 

 転職後はストレスも溜まりやすいので、どうしても口が軽くなってしまったり表情が曇ったりしてしまいがちですが、常に誰かが自分のことを見ている、評価していると思いながら入社後は仕事に打ち込まなければなりません。

 

 

悪口を言われても軽くあしらうこと

 口は災いの元、と言えば、あなたの耳にも悪口が飛び込んでくることが考えられるでしょう。
 この悪口は、他の社員があなたのことをヒソヒソと話していることかもしれませんし、他の社員が別の社員のことをあなたに悪口のようにヒソヒソと言ってくるようなことかもしれません。

 

 いずれにしても、そうした悪口やそれに似た言葉が耳に入ってきた時には過剰に反応せず、軽くあしらう姿勢が重要です。

 

 前者の場合には嫌な気分になるでしょうが、気丈に仕事に打ち込めば、キャリアには特に大きな問題は生じないはず。
 後者の場合は、あなたをグループに取り込もうとしている可能性もあり、これは女性特有の動きなのかもしれませんが、それに取り込まれることなく中立な立場で振る舞うことが求められます。

 

 もちろん、全く興味なさそうにしていれば、今度は矛先があなたに向く可能性があるので対応の仕方には注意したいところですが、悪口は相手にしなければ無くなっていくため、冷静に受け流す、その場に適切な方法で対処するように心がけましょう。

 

 

【関連記事】