女性の転職は28歳までが勝負

女性の転職は28歳までが勝負

http://news.livedoor.com/article/detail/7315378/
今や女性が働くのは当然の時代となりました。共稼ぎ世帯とそうではない世帯では、共稼ぎ世帯の方が多く、女性は結婚後、育児休暇を取得して会社へ復帰し、定年まで働くといった人も少なくはありません。

 

ここでは「女性が働きつづけるためには『女子のキャリア〈男社会〉のしくみ、教えます』」というタイトルの記事を紹介しています。

 

女性が働き続けるためには、どういったキャリアを歩んでいく必要があるのでしょうか?一昔前は、正社員でずっと勤める女性は少なかったため、こうした実態はなかなか浮かんでこないですよね。

 

厚生労働省のデータによると、大企業の傾向として20数年前までは、30歳以上の女性社員がごくわずかしかいなかったとの結果でした。今では考えられない話ですよね。30歳というとまだ結婚していない人もたくさんいますし、結婚しても仕事を続けている人がほとんではないでしょうか?

 

まして大企業では福利厚生がしっかりしているので、出産後も働ける体制が整っているところがほとんどです。

 

女性は転職者も多いですが20代、30代、40代、50代などを考える上でも、海老原氏の書籍を読んでみることをおすすめします。

 

女性の転職市場は20代で、28歳まで勝負と言われています。

 

日本の結婚平均年齢は29歳となっており、女性は特に結婚を機に退職したり、出産があるなどブランクが発生することは十分考えられます。そのため、採用者側も28歳以上の女性に関しては、採用を控えがちです。

 

転職する人は自分の年齢と今後のキャリアを考えた上で、行動したいところですよね。