女性向き転職サイトランキング


転職者の大多数が利用する人気転職サイト


登録しておくことで求人が送られてくる「スカウト機能」アリ!働きながらの転職活動をサポート!


先月の求人数
求人地域
運営会社
人気度
2,611,615件
全国
リクルート
★★★★★


リクナビNEXTの口コミ評判:

いろいろな求人サイトを見ましたが、リクナビNEXTさんが情報に一番安心感がありました。とくに私は転職をしたかったのですが、事務系だけではなく他の職種もサクサク見比べられるのがありがたかったです。自分の視野も広がって、選択肢が増えた気がしました。(27才・女・会社員)



ここにスカウト登録をしたおかげで、企業側からオファーをいただいて、年収アップの転職に成功しました。エクセルとワードには自信があったのですが、そこを注目していただけたようです。求人企業の登録数が多いリクナビNEXTならではのことだと思っています。(30才・女・会社員)



このサイトTは転職を考えている女性にとても向いていると思います。情報量が多いことと、関連する記事なども見られるので、自分のことを客観的に考えることができます。キャリアアドバイザーからの無料のアドバイスも嬉しかったです。登録する価値、絶対アリです。(26才・女・会社員)



まず転職するための情報収集には、リクナビNEXTは王道のサイトだと思います。情報量が多いので全体的な求人状況や待遇の傾向を見ることができます。ただスマホからだと少し見にくい気がします。帰宅してから自宅でゆっくりPCを見られる人にはいいかもしれません。(32才・女・会社員)



女性の転職で、絶対にリクナビが役に立つかと言えば、ちょっと疑問も感じました。サービス業を探していましたが、狭いエリアの求人を探すならほかのサイトのほうが便利でした。スマホアプリはよく落ちちゃうので使えませんでした。携帯で接続すると時間がかかって残念でした。(21才・女・飲食店勤務)



リクルートエージェントは女性のスキルアップ転職も積極的に行っています。今より1歩上へ行きたい、そういった人にピッタリな求人を集めているのが「管理者・ハイクラス」の採用情報です。 管理者というと男性だけのイメージも強いかと思いますが、女性の採用を積極的に行っている企業も多数掲載されています。 管理職は男性だった時代は、もう終わりを迎えています。 女性管理者を目指したい人にピッタリなのがリクルートエージェントと言えるでしょう。



リクナビNEXTの口コミ評判:

今の職場が嫌で漠然と転職をしたいと考えていて、どんな求人があるのか自分は転職できるのかどうか、やりたいことが漠然としていてわからないままリクルートエージェントに登録して相談に行きました。そんな中、キャリアコンサルタントの方と話をする中で、あいまいな点や自分の市場価値など新たな発見があり、色々とアドバイスをもらったおかげで納得の行く就職先が見つかりました。担当コンサルタントの力量が大きかったんだと思います。とても感謝です。(20代)



いくつかの転職エージェントに登録して、それぞれの対応ややり方が違うのに驚きました。その中でリクルートエージェントの方が、一番親身になって相談にのってくれてたくさんの求人を紹介してくれたおかげだと思います。また、職歴書の書き方から面接指導までいろいろとアドバイスをしてくれただけでなく、職歴にあう会社を探してくれたおかげで転職できました。転職を考えているのであればリクルートエージェントへ登録されることをお勧めします。(30代)



友人から情報量は業界ナンバーワンと言われていたので登録して相談しましたが、 担当のコンサルタントから「異業種へは紹介できない」と言われて、興味のないこれまで仕事と代り映えしない無難な会社を紹介され、転職する意味がないような感じでした。(30代)



転職を決意してWEBから登録して面談にいきました。担当コンサルタントから、10社以上応募しないとなかなか面接にいけないと何度も言われました。興味ない仕事も強引に応募するように勧められて、何だかコンサルタントのために応募するような感じですごく嫌でした。もう少し、転職者の気持ちを理解してくれるような人に担当してもらいたかったです。(20代)



転職したいと考えている女性は客観的に分かるスキルを身につけましょう!


 今、仕事をしている女性で、その仕事に本当に満足している人は、少ないのではないでしょうか。給料や休日、勤務時間といった待遇面はもとより、職種や実際に自分が携わる仕事について、なんとなく不満がある、という女性はかなりいるようです。また就職が厳しい時代という背景もあって、本当に就きたかった仕事ではなく、とりあえず決めてしまったという人も多いでしょう。

 はじめは仕事に慣れることに精一杯でも、社会人となってしばらく時間が経過すると、社会全体の仕組みや、組織の在り方、会社とはどういうものかが分かってきますから、自分の理想と現実のギャップに悩むようになるものです。こうして転職を考え始めたとしても、理想の仕事に、簡単に転職できるわけではありません。今の仕事場で、できる限りの経験を積むことが、まず第一に重要です。

 そして、どこの職場に転職したいと希望したとしても、最低限のパソコンのスキルや外国語など、客観的に見て、「スキル」として認められる能力を身につけることが大切です。パソコンはオフィスで使用するアプリケーションを使えることが基本です。専門学校もありますが、インターネットを利用して勉強することも可能です。外国語は、英語は基本ですが、最近は中国語が使えると、転職の際、たいへん有利です。デスクワークが苦手だという女性は、敬語や接遇マナーを身につけて、接客スキルを上げるということも有利です。

 また、趣味のお菓子づくりやパンづくり、フラワーアレンジメントやプリザーブドフラワーづくりなどを本格的に学び、アシスタントとして2、3年勤めると、独立するチャンスも生まれます。「なんとなく転職したい」ではなく、「こうなりたい」というハッキリとした目標を持って転職することが、理想に近づくことになるでしょう。


転職したいと考えている女性に読んで欲しいおすすめ特集